浮気調査専門の総合探偵社ステイシー/質問事項1

浮気調査不倫調査Q&Aケース1

総合探偵社ステイシー

浮気調査専門の探偵事務所

総合探偵社ステイシー

 
浮気調査トップ 浮気・不倫調査Q&A  ケース 1
携帯サイトはこちらです。
QRコードが読取づらい場合は拡大をしてください。
 浮気チェック
 浮気証拠確保

 離婚問題に関する
 最近の傾向

 離婚により
 生ずる悩みとは
 離婚裁判に関係した
 民事執行法
浮気・不倫相談事例
   ケース 1
   ケース 2
   ケース 3
浮気・不倫調査Q&A
   ケース 1
   ケース 2
   ケース 3
知っておきたい豆知識
   離婚について
   慰謝料とは
   離婚調停 1
   離婚調停 2
ご相談・お問合せ
03-6712-0088
(平日10:00〜20:00)
総合探偵社ステイシー
のオフィシャルHPはこちら
素行調査専門相談室も開設中です
離婚相談室も開設中です
お気軽にご相談ください
浮気・不倫調査Q&A - ケース 1
多くの調査会社の中から良い調査会社を選ぶには何を基準にすればよいのですか?
 
これだけ多くの調査会社があればどこに依頼すればよいか、
本当に悩んでしまうものです。

中には「ビデオ・カメラ等の証拠品と引き換えに法外な追加料金を請求された」

「素人でも書けるようなお粗末な報告書と誰が写っているかぼやけて判らない写真だったにもかかわらず料金だけはしっかり請求された」
 
などのような話が後を絶ちません。
そこで安心して調査会社を選ぶ目安として下記の3点があります。
 
@ 正式に事務所を構え所在が明確である。
A 調査の案件毎に対応できる専門調査士が在籍している。
B 莫大な広告費をかけていない。
 
@とBの場合、まず@は他の場所(喫茶店・ホテルのロビーなど)で会うことを指示する主な理由として探偵社の実体がなく表札・看板がない、責任の所在がうやむやになったとき連絡することができなくなる(電話に出ない・番号が変わっている等)、調査員がアルバイトなので見られては都合が悪いなどがあげられます。

Aについてはご存知の通り浮気や素行などの調査というものは簡単に誰でも出来るものではありません。
ましてや訴訟等で扱う公的に通用する証拠資料となりますと素人探偵がいくら動いても良い結果を得ることは出来ないでしょう。
調査の前に周到な準備をすることは言うまでもありませんが、それ以上にプロとしての高度な技術を駆使し最新の機材を用いて瞬時に判断し行動することが重要なのです。
当社では浮気・不倫調査、素行・所在調査や企業調査等それぞれその分野に精通したプロの専門調査士が対応いたします。

Bについては広告費及び広告の量と調査会社の実際の信用度・力量はまったく無関係という事です。
より多くの金額を出資すればそれだけ数多くの広告が打てることになりますがそれは裏を返せばその分調査料金に上乗せされて請求されているという事もあるのです。
「多くの金額を出資できるのは依頼が多く売り上げが伸びているからだろう。」と思いがちですがそれは<売り上げ至上主義>になっているということがあり、<クライアントの立場に立って調査している>とはまったく別の話なのです。
 
総合探偵社ステイシーはJR・地下鉄南北線飯田橋駅徒歩1分のところに事務所を構えております。
また日本調査業協会・東京都調査業協会に加盟し協会より優良会員として認定を受けております(登録番号1543)ので安心してご連絡してください。
きっとご満足のいく報告をさせていただくことをお約束いたします。
まずは相談したいのですが料金はかかりますか?
ご安心ください。ご相談、お見積りは完全に無料となっております。
  いまは大抵の調査会社がご相談・お見積り無料となっており特筆することではなくなってきています。無論当社もその中の一社ですがここで大切なことは相談員がただ話しがうまくその気にさせることに長けているベテラン相談員か、それともいろいろなジャンルに精通しもっとも有効な解決方法を導き出してくれる、つまりご依頼者の立場にたったアドバイスをしてくれるプロかどうかという事です。
 
総合探偵社ステイシーはそのプロのアドバイザリースタッフが親身になって
承りますのでお気軽にご連絡下さい。
浮気する日時が特定できずいくらかかるか料金が不安なのですが?
総合探偵社ステイシーでは日時がはっきりと特定できないご依頼者のために
お得なパック料金もご用意しております。日数・時間等お気軽にお尋ね下さい。
以前違う調査会社に依頼した時、尾行がばれて激しく問い詰められました。
  またそれ以来異常なほど警戒心が強くなっていますがだいじょうぶでしょうか?
ご安心下さい。総合探偵社ステイシーでは浮気・不倫専門のプロチームが
細心の注意を払い、プロとしての専門技術を駆使して調査いたします。
パートナーに尾行・撮影を感知される等不適切かつ無責任な調査を一切行わない事を
お約束いたします。
どんな内容の調査も引き受けてもらえるのですか?
犯罪・違法に結びつくような調査、また差別や人権を侵害するような調査も一切お受けすることはできません。
無料メール相談のページへ このページのトップに戻る▲
Copyright (C) 2005 総合探偵社ステイシー. All Rights Reserved.