離婚相談ならステイシー離婚相談室へ/離婚の傾向

総合探偵社ステイシー

総合探偵社ステイシー

離婚相談室

 
トップページ 離婚問題に関する最近の傾向
携帯サイトはこちらです。
QRコードが読取づらい場合は拡大をしてください。
 浮気チェック
 浮気証拠確保

 離婚問題に関する
 最近の傾向

 離婚により
 生ずる悩みとは
 離婚裁判に関係した
 民事執行法
 離婚相談 Q&A
離婚相談事例
   ケース 1
   ケース 2
   ケース 3
知っておきたい豆知識
   離婚について
   慰謝料とは
   離婚調停 1
   離婚調停 2
ご相談・お問合せ
03-6712-0088
(平日10:00〜20:00)
総合探偵社ステイシー
のオフィシャルHPはこちら
素行調査専門相談室も開設中です
浮気・不倫調査相談室も開設中です
お気軽にご相談ください

離婚問題に関する最近の傾向
離婚の全国件数は年々増加の傾向を辿り平成12年度で26万件強となり平成15年では実に28万件を超える数が報告されています。
その要因は様々で平成15年度を例にとってみると女性の側から申し立てた離婚調停理由の第1位は性格の不一致で全体の約40%、次いでパートナーの暴力が約38%、生活費の未納約28%となっているのに対し男性の方のトップは同じ性格の不一致で約60%ですが次にくるのが異性関係で約18%となっており3位に異常性格約16%の順となっています。
離婚率で見ると10代・20代の若年層の年代での離婚率が高くなってきていることが挙げられ平成12年度を境に全体的に40歳未満の離婚率が顕著に上昇してきています。 また離婚件数を婚姻期間別に調べると、ここ数年で婚姻期間が長い夫婦(20年以上)の離婚が得に増加していて、俗に言う 【熟年離婚】 が多くなってきています。
離婚に至る要因は上記で述べましたが、その要因を事由に離婚決意するまでの心境も年々変化してきており、以前は20%強しかなかった「結婚しても相手に満足できないときは離婚すればよい」という考え方が平成12年度では約54%までに増加しており、性別・年代別では30代の女性がもっとも「離婚を容認できる」と答えています。

そのような要因でなんと約2分に1組以上の割合で夫婦が離婚していることになるのです。そしてそれに伴う形で様々な離婚に関する書籍・HOW−TOものなどが販売されて売り上げも年々アップしているとのことです。
また今はインターネットによって離婚に関する法律的なものも簡単に手にはいることから、独自に解釈した資料を持参し来社される方も年々増加してきているのも事実です。

しかし離婚問題で相談に見えられる方の約80%がその情報を精査できず誤った解釈をされているのが現状です。その誤った解釈がその後の調停に大きく影響を及ぼしたり、また不利な立場に立たされる要因となってしまうのです。

離婚問題でそうならないためにもまずは専門家に相談し的確なアドバイスを受ける、若しくは公的に通用する証拠資料を揃え裁判に供えるなどの準備が重要になってきます。
無料メール相談のページへ このページのトップに戻る▲
Copyright (C) 2005 総合探偵社ステイシー. All Rights Reserved.